癒し効果プラス‥

このエントリーをはてなブックマークに追加

学会でどの発表を聞くかって、賭けなんですねぇ。

一日一個当たりが出れば、ラッキーと思っています。

2日目の当たりは‥精神医学の哲学ってシンポジウムでした。
鈴木貴之という哲学の人が、生物・心理・社会モデルの話をしてくれました。
ナシル・ガミーという人が、生物‥モデルの批判を本に書いていて、私も数年前に買ったのですが途中までで挫折して‥いや始めの頁もとても面白かったけど‥どうして生物‥モデルがいけないかまで行きつかなかったのです。
それが数年ごしで、やっと分かりました。
ガミーは生物‥モデルを全否定したのではなくて、3つの側面を検討せず批判なく取り入れて社会的な問題のある方に(ついでに)薬もちょっと出しておこうか、みたいになるのをダメだと言ってるようです。
(鈴木先生の話を私なりに解釈したので、間違っていたらスイマセン)
私としては、これはとても納得で良かったのですが、それ以上に癒し効果があったのですね。

失礼なことを書くと、学会には鈴木先生みたいな、いわばガイジンさんがゲストスピーカーとして来るのです。
学際って大事だからねってことで。
で、学際。
数年前にどうも精神科臨床のお勉強に行きづまりを感じて、「そうだ、学際だ」と探検したことがあります。
医療人類学という取っつきやすそうな分野の先生を見つけて、著書を読んだり研究会に行ったりしてみました。
‥うーん、どこが臨床に役立つのか、私には分かりませんでした。
ところが何年か前の学会で、その先生が話していたんです。
そうか私が理解できないだけで、この先生は評価されているのか‥と思いました。
逆に自分は分かってないということかと、ちょっと凹みました。

今回の鈴木先生の話で、(私からみて)臨床に役立つ学際的な方向性が示されて、自分がそれをもし充分ではないとしても受けとれたことに、すごく安堵したのです。

あ、そういえば学会前夜にも癒し経験があったんでした。
ある研究会に(元)偉い先生が来るのですが、波長が合うのか、普通はあんまりそうは言われてないけどホントはそうだよねって内容のご発言が多いのです。
これは誹謗中傷かも知れませんが、その先生はかなり上から目線で、そう言っても喜びそうな感じがしないので、黙ってますけど。

司馬遼太郎の小説に、主人公が方々旅して師を探し歩くって場面があります。
そういうのを、研究会と学会に感じたのですね、めでたし、めでたし。
あ、休診してご迷惑をおかけしました。
診療のバージョンアップを期待しててください。ってそう簡単には行きませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です