安眠法?

このエントリーをはてなブックマークに追加

‥ある人から教わってきたのですが、どうでしょう?

診察室でおススメする勇気がないので、ここに書いてみました。
やってみたい方はご自由にどうぞ〜。

正月休みはインドに行きました。
街を歩いていて”INDIAN MUSIC SCHOOL” の看板を見つけ、行ってみたらその日から習うことになりました。

何をかって、まず発声。
で! 何なんでしょうか? インドだから?
教わったのをそのまま書きます。
体にはチャクラというものがある。
まず肛門。ああ〜と声を出すときには、そこが振動する。
次は腹。え〜と言うと、腹が振動する。
い〜と言うと、胃が振動する。
う〜と言うと、心臓が振動する(?)。
お〜というと、喉が振動する。
次のお〜で、第3の眼つまり眉間が振動する。
おーむ〜と言うと、頭蓋が振動する。

おーむOMは、全世界をも意味する。
‥それでもって、繋がりが分からないのだけど、寝る前に胡座を組んで目を閉じておーむ〜と唱えれば、心が落ち着いてよく眠れるというのです。

職業を聞かれて精神科医だと答えたら、先生は喜んで、来た人に是非教えてあげなさいと言っていました。
よく眠れるように「おーむ〜」って唱えるようにって?

えーそりゃマズいんでないの?
何とか真理教と間違われるかも知れないし、とにかく宗教チックだし、普通ひくよねー怪しいクリニックになっちゃうよねーと思いました。

あーインドではヨガもやりました。
始めと終わりには先生と一緒にサンスクリット語のマントラを唱えます。
‥何とかかんとか、おーむ、しゃんてぃー、しゃんてぃー‥って。
しゃんてぃーとは「平和」だそうで、「世界が平和でありますように」ってことですね。
ま、それなら良いが。

ともかく「おーむ〜」と言ってみたい方は言ってみて、もし良く眠れたら教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です