新、王様の耳はロバの耳通信

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぼちぼちまた、面と向かって言えない本音を綴ります。

ブログ一覧

癒し効果2、ていうか暗号通信、ていうか小爆発

つまり言いたい事があるのだけど、あんまり知られてはまずいので、暗号通信。

相手には伝わって欲しいような、欲しくないような、解読できなかったらそれもよし、みたいな。
‥あり得ないかも知れない、暗号化どころか丸出しだよって。

つまり目的は、情報伝達でなくマグマを出すこと。
爆発なんで。
だから気の小さい方は、読まないでください。

ある集い。
思いつーか、何つーかを、分かち合う。
私は発表者に言いたいことがあったので、それを分かち合った。

発表者チームと何度か応酬。
ついにキレたらしく、精神療法は薬物療法と同時にやります、だって。
当たり前だっつーの。薬物療法だけやって精神療法しないって治療はないでしょうが。
それを同業者に言うのは侮辱と思わんかね?

そして私を癒してくれるとこちらで勝手に思ってる人が、今回もバッチリ援護射撃。
‥読み直して気づいたけど、いや思うたって変な意味ではない。あくまでも専門領域においてなので、誤解のなきよう。
ていうか私みたいに、何言ってるか分からんようなモゴモゴでなく、明快に主張してくれた。
と思う。妄想かな?

主宰者も、私の言わんとしてるコトを分かってくれたように思った。
これも妄想?

そして癒し発言の後、またもや変なオッタンが他人の言うこと何も聞いちゃいねーなって事を分かち合ってくれた。

あーあ多職種が集まっても自分の考えを言い募るだけなら意味ないし。
議論てものは、ほぼない。
出来ないから、わざわざしないように仕組んでいるのか?

それも含めて、司会者。
こちらが勝手におしかけといてなんだが、一言。
いね。

で正気に戻って。
怒りというのは、ダライ・ラマも言うように?、身体に悪い。
どうも怒りを引きずる人は、予後が悪い。
じゃー怒らないようにしたら良いのか?
それもちょっと違う。
TPOを弁えて適切に処理しましょう、自分の中に溜まった怒りが、アタマと身体を蝕んでいかないように。
こんなところだろうか。

自分はボツボツと小噴火してマグマを溜めないようにしている。
TPOを弁えているかはちょっと‥だけど。

幸いなるかな

お盆休みに冒険してきました。

私には憧れている人生があって、自分はいくじがなくて出来ないけど、実行している人に時々出会います。

今回も意図した訳ではないけど、そうでした。

スペインの、アルハンブラ宮殿で有名なグラナダ‥近くの小さな村、モンテフリオに行ってきました。

そこに住むイギリス人の家に泊まってギターを習いました‥といっても盆休みの数日ですが。

幸せな人は、そのギター教師です。

Clive Davies さん、73歳。

オクスフォード出身‥故郷がそこなのか大学がそこなのかは、言葉の問題もあって分かりませんでした、ハハ。

以下も同様に、聞きとりが間違っていたらゴメンなさい、です。

南アフリカに数十年住んで建築関係の仕事をした後、現在は奥様とスペイン、モンテフリオ在住。

ギター教師で生計を立てているらしい。

年金がないからね、ずっとこうして働くんだよ、とのこと。

ギター教師の合間にはクラシック曲の編曲‥どんどんアレンジして、元の曲とは様変わり、もはや作曲になってる。そして演奏を録画してはインターネットにアップ‥をして時間が過ぎる。

奥様と3人でフラメンコを聴きに行ったときも、翌日のレッスンで、歌をきいたら興奮してなかなか眠れなくなってしまったと言っていました。

スペインの習慣なのか、コンサートが夜12時近くから始まるってのがまずおかしい気もしますが、お金はないけど歳とっても芸術に感動して眠れなくなってしまうような生活なんて羨ましいなぁと思いました。

‥私はというと芸術オンチなので、変なおばはんが出てきて妙なコブシをつけて演歌をうなった、ひゃーここはやはりヨーロッパじゃないのかもと、せっかく連れてって貰ったのにあんまりな感想でした。

じゃあそのクライブさんが人生はお金じゃないよ、芸術が大事だよって、仙人みたいな暮らしをしているのか、老ヒッピーか、ジャンキーなのか流浪の民かというと、もちろんそんな事はありません。

奥様とこぎれいなお家に住み、庭で葡萄やサクランボを育て、健康的な手料理を楽しみ、二人で生徒を家に泊めては世話をし、ギターの指導をして生活しています。

レッスンもクラシック的な、あるいはフラメンコの指の動かし方を丁寧に教える、と同時にコードはどうやって出来ているのか、移っていくのかの理屈も教えてくれるという幅の広いもので、物の考え方・暮らし方を反映しているなぁと思いました。

‥しかし年金はない、兄弟や子どもは、それぞれイングランド、南アフリカ、オーストラリア、その他と散り散りに住んでいるそうです。

孫に滅多と会えないから、同じ村に住むイギリス人とそのバングラデシュ系奥さんの子どもたちを孫みたいに可愛がっているんだよって。

いやまあ私たち皆、所詮は地上の旅人ですからって思いはするものの、ほーと感心するやら何やらという感じで帰ってきました。

 

初心に帰れ?

毎日毎日(仕事の日は)精神疾患を診ています、当然ですが。
それ以外の疾患は自分自身が診断治療することはなく、小耳に挟むだけです。
普段はそうなのですが、それで済まないことがたまにあります。
「心臓」に悪いです、気が小さいもんですから。

こないだ来られた方‥意識障害でした。
そういえば医師免許をとって1年目に「研修医当直マニュアル」を買いました。
意識障害をみたときには‥どんな検査して何を鑑別するかって、そういうマニュアルです。
それが自分にしっかり身についているかって‥?

わー‥夕方近くでした。
意識障害、脳血管疾患、引き受けてくれる病院を探す、見つからないと困る、、、もう走馬灯状態です。

意識障害以外に、局所徴候はありませんでした、そういえば。
しかしとって貰わないと困ります。
某病院の救急外来に脳血管障害の疑いで引き受けて貰いました。

そのあと入院されたとお知らせが来ました。身体所見がなくて精神症状だけなのによくも救急外来に送ったなこのヤローという失態だけは避けられました。
‥内科に入院と書いてあったのが気になりましたが。

まもなくご本人が再度受診されて、紹介状の返書を持参されて種明かしとなりました。
やっぱり身体状況の異変による意識障害だったのです‥脳血管疾患以外の。

意識障害を脳血管疾患とだけ結びつけたら、試験落ちること間違いなしです。
当たり前です。
おそらく学生時代とか研修医時代なら問題と解答がパッと浮かんだかも。
しかし、現在の私はパッと浮かびませんでした。

当院には検査設備は殆どありません。
でも考えなくていいという訳には行きません。
意識障害を起こす病態のうち、比較的多いものはすぐアタマに浮かばないとマズいです。
‥今考えて、低血糖高血糖低酸素高熱ぐらいかなぁ‥うーむ今もやっぱりマズいです。
ちなみに解答は、低ナトリウム血症でした。

対策としては、「研修医当直マニュアル」を本棚から探し出して時々眺める?
精神科外来やってて見逃したらマズいもののアンチョコを自分で作る?
多分自分の経験だけからだと、こういう事自体が滅多とないので、経験を蓄積していってとはならないのです。
さて、どれにしよう。

それはそうと、全然見当違いのこと言って送りやがったな!と思われてないか、つまらない事を気にしたりしています。

癒し効果プラス‥

学会でどの発表を聞くかって、賭けなんですねぇ。

一日一個当たりが出れば、ラッキーと思っています。

2日目の当たりは‥精神医学の哲学ってシンポジウムでした。
鈴木貴之という哲学の人が、生物・心理・社会モデルの話をしてくれました。
ナシル・ガミーという人が、生物‥モデルの批判を本に書いていて、私も数年前に買ったのですが途中までで挫折して‥いや始めの頁もとても面白かったけど‥どうして生物‥モデルがいけないかまで行きつかなかったのです。
それが数年ごしで、やっと分かりました。
ガミーは生物‥モデルを全否定したのではなくて、3つの側面を検討せず批判なく取り入れて社会的な問題のある方に(ついでに)薬もちょっと出しておこうか、みたいになるのをダメだと言ってるようです。
(鈴木先生の話を私なりに解釈したので、間違っていたらスイマセン)
私としては、これはとても納得で良かったのですが、それ以上に癒し効果があったのですね。

失礼なことを書くと、学会には鈴木先生みたいな、いわばガイジンさんがゲストスピーカーとして来るのです。
学際って大事だからねってことで。
で、学際。
数年前にどうも精神科臨床のお勉強に行きづまりを感じて、「そうだ、学際だ」と探検したことがあります。
医療人類学という取っつきやすそうな分野の先生を見つけて、著書を読んだり研究会に行ったりしてみました。
‥うーん、どこが臨床に役立つのか、私には分かりませんでした。
ところが何年か前の学会で、その先生が話していたんです。
そうか私が理解できないだけで、この先生は評価されているのか‥と思いました。
逆に自分は分かってないということかと、ちょっと凹みました。

今回の鈴木先生の話で、(私からみて)臨床に役立つ学際的な方向性が示されて、自分がそれをもし充分ではないとしても受けとれたことに、すごく安堵したのです。

あ、そういえば学会前夜にも癒し経験があったんでした。
ある研究会に(元)偉い先生が来るのですが、波長が合うのか、普通はあんまりそうは言われてないけどホントはそうだよねって内容のご発言が多いのです。
これは誹謗中傷かも知れませんが、その先生はかなり上から目線で、そう言っても喜びそうな感じがしないので、黙ってますけど。

司馬遼太郎の小説に、主人公が方々旅して師を探し歩くって場面があります。
そういうのを、研究会と学会に感じたのですね、めでたし、めでたし。
あ、休診してご迷惑をおかけしました。
診療のバージョンアップを期待しててください。ってそう簡単には行きませんが。