障害年金、その他

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 統合失調症、躁うつ病、うつ病で働けず、日常生活に助けがないと送らない状態の続く方は、要件を満たせば障害年金を受けることが出来ます。
  • 要件とは、仕事が出来ず日常生活に助けの必要な状態が決められた程度以上であることと、国民年金を決められた通りに納付していることです。
  • 当院では要件を満たす方が障害年金を受けられるように、満たさない方が受けられないように、精いっぱい努力しています。
  • このところ特に困っているのが、社会保険労務士(社労士)の関与です。
  • 手続きの代行を依頼されるのはご自由ですが、社労士は依頼者が障害年金を受けることによって利益を得るので中立な立場ではないと、私は考えます。
  • 障害年金を受けられるよう、患者さんに症状を過大に言うよう助言することもないとは云えないと感じています。
  • 従って当院では、社労士の作成した文書は一切見ませんし、障害年金の申請に社労士の関わっている方については、正しく判断するために患者さんのお話しされる症状を厳しく吟味することとします。
  • 障害年金の診断書は、一枚13500円です。
  • なお結果の通知書を提示されると3000円お返しします。