新、王様の耳はロバの耳通信

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぼちぼちまた、面と向かって言えない本音を綴ります。

ブログ一覧

準・実況中継

今日は朝早くから家を出て、名古屋まで学会に来ました。

で‥聴こうと思っていた演題は会場満杯で、しかも地べたに座ったまま寝てしまいました。
降参して、もう出てきました。
きっと若くないので体力が追いつかないのです。
早くホテルに帰りたいのう。
しかしポイントを貰うために待ってないといけません。

今朝は5時起きです。
新幹線の中で寝ました。
朝一の演題でも寝ました。

2番目は結構面白かったので、聞いていました。
質問したら、変なコトを言われました。
でも座長の先生が援護射撃してくれ(たような気がし)ました。
考え過ぎ? 妄想?

午後一は、またつまらなかった。
で今日最後は満員でギブアップ。
今日の一日、何だったのでしょう。
つまらない話と、小刻みな居眠り。
睡眠リズムが崩れて寝つけなくなっても困るなあ。

やっぱり今日の個人的ハイライトは、2番目のシンポジウムです。
お題は統合失調症の神経心理とかって。
うち一つは、慶應大学の三村將先生の発表‥Sense of Agency という初めて聞く言葉についての研究でした。
自我障害で、何かを自分がやったか、他人がやったか分からなくなったりすることについて。
でも納得いかなかったのです。

パソコン上で、マークが動いている‥ブザーが鳴ってから被験者がボタンを押すと、マークがジャンプする。
被験者は、自分がボタンを押したからマークがジャンプした(と思う)かどうかを答える。

ボタンを押してからマークがジャンプするまでの時間を伸ばしていくと‥健常者では自分がボタンを押したからマークがジャンプしたと思う人が少なくなる。一方、パラノイアに人では健常者より、自分が押したからと思う人が多い。

ボタンを押したらマークがジャンプするよう設定してある。
‥だから自分がボタンを押したからマークがジャンプしたと思うのは正しい‥と思うよね、普通。
てことは、ボタン押してからマークがジャンプするまでの時間が長くなったときに、より正しく判断したのはむしろパラノイアの人でないかと、質問しました。
返答は、私には全然訳分からなかった。
だから再現できない。

席に戻った。
あとで座長の島根大学堀口淳先生が、このテストは被験者の能動性によって結果が左右されるかと聞いていました。

うーん。
例えば新しく集団に加わったとき、自分の振る舞いがどうとられるか、どういう反応されるかって気になる。
ていうか、気にしないといけない。
こういうときは、自分の行動と、相手の振る舞いとを関係づけて判断する傾向が強い筈だ。
その方が適応的だと思う。
いつでもかつでも関係づけてたら妄想的ってことにはなるけど。
だからね、パラノイアの人はいつでもかつでもで困る訳だけど、場合によっては必要な行動特性なのよね。

そういうことを考えたのだけど、殆ど全部が自問自答なのが残念だ。
だからこうやって書いちゃう訳だ。
全く執念深いなぁと自分でも思うけど。

でもせっかくの学会は楽しまないと。
そして自分の楽しみは、どうかこうかと追求することだから。

本日の中継おしまい。

(さらに…)

日本精神神経学会学術総会

実は6月22日午後から24日まで、休診にして学会に行くことに急に決めました。

よくある話で、専門医の資格を維持するためには学会に出席してポイントを取らないといけないのです。来年も出ないといけません。間に合ううちに気づいてよかった、ホッ‥何かイヤな気がして調べてみて、慌てて出席することにして、ぎりぎりセーフ。

安心したところでやっと総会のテーマが目に入りました。

精神医学研究・教育と精神医療を繋ぐ

ー双方向の対話ー

おー!   ホントか⁈

学会の言ってること‥ガイドラインやら、お偉方のセンセイやらの講演やら‥がイチ臨床医としてはどうも腑に落ちず、かと言って学会に物申すなんてことが出来る訳もなく、ま、お互いに無関係だよなと常々思っていました。

もちろんそうであってはいけない訳で、双方向の対話がなかったらどちらも破滅なんですけどね。

しかし教育・研究から医療への働きかけはあっても、その反対って難しいです。

だって医療の仕事しながら研究をまとめるのはホントに大変。研究ってのも、「学会」が認めた研究方式でないと認めてくれないし。‥つまり仮説検証型でないとダメ。仮説発見型は、そんなの研究じゃないと、某教授に高い所から言われたこともあります。バカじゃねえのと思いましたが、登って行って反論する訳にもいかず‥冗談です。

とにかく医療は仮説発見なので、それを研究と認めてくれないとこっちからの発信は難しいです。

で、プログラムにどれだけ双方向の対話があるのか眺めてみましたが、見つかりませんでした。後は現地でってことです。

こないだある会合で中抜き‥つまり来て登録して、帰るときに登録して、合間にはいなくていいかどうかを相談しました。

久しぶりにお会いした先輩医師を相手に、何聞いてるんでしょうね。

ということで、下旬には学会のため休診がありますので宜しくお願い致します。

私のお肌と、ステロイド

なんて言うか恥を晒すようですが、最近すごいへまをやっちゃいました。

‥顔の肌荒れがあまりにも治らず、業を煮やして市販の顔パックをしてみました。

効果はてきめんで、お岩さんになりました。まぶたが腫れて、目が開かないほどに。

もはや降参で皮膚科受診しました。

ステロイドを5日間処方されました。お肌はみるみるキレイになり、痒みもなくなり、身体が軽く、楽になって、ヤル気がもりもり湧いてきました。

のみ終わった途端、顔は元のひどい発疹だらけになり、それどころかステロイドをのむ前は何ともなかった顔以外にも発疹が!

ステロイドをやめた後のリバウンドって、たった5日間でも出るんですねー!

リバウンドはもっと連用してからの話だと思っていましたが、甘かったです。

向精神薬の効果も離脱症状も個人差がとても大きいので、安易に考えていました。

収穫としては、体調が精神面にどれぐらい影響するかを身をもって体験したことでしょうか。

しかし自慢にはならないですね。とほほ。

あ、付け加えると、薬が変更になってからお肌は調子良いです。やはり餅は餅屋!

「臨床的複眼視」

いや、ある文章を読んで、意を強くしましたって言いたいのですけどね。

言って良いのかなぁ。

というのは、長年の友達と勉強していて仲違いしたんです。

友達の探してきた論文に、私は同意できなくて、出来ないと言いました。

言い方が悪かった?

著者がそう言ってるだけでしょって。

社交を重んじれば言っちゃいけないかも知れないけど、一緒に勉強したい訳ですからねー。

で絶交されちゃった訳です。

今回は私の読んだ文章を出そうとしているのですが、著者がそう言ってるだけでしょと言われたら終わりなんですねぇ。

しかもつい最近ある人に意見を聞いたら、著者とは反対のこと言ってたし。

私は著者と同意見なんですが。

今度はまた、反対のこと言ってた人に絶交されるんでしょうか‥。

で、「臨床的複眼視」です。

分裂気質と広汎性発達障害の異同についてです。

あ、藤山直樹さんの第102回日本精神神経学会総会シンポジウムの文章についてです。

著者としては、異同は判明してないし、疾患特異的というよりは精神疾患一般に共通した治療・援助が大事だと云われていると思うんですね。

従来は分裂気質といわれてきたような症例が、どうやら最近では広汎性発達障害とされるみたいで、一体どうよとひそかに悩んでいた私としては大いに安心したのでした。

とはいえ問題があります。

患者に診断名やら、障害年金診断書やらを求められます。

どっちを書くか?

区別は判然としてないんだから好みで書けばって?

分裂気質じゃ通らないだろうから、もう一つの方にすればって?

うーどうも釈然としません。

釈然としない私なので、患者への説明も曖昧です。だってハッキリしないもんをハッキリ言ったら詐欺じゃん。

ってそんなアオい事を言ってて良いんでしょうか。

しかし大学を卒業して臨床医になって、ともかく先輩を見習って形を作って、それにもそろそろ飽きてきたお年頃なのですねぇ。

とはいえ世の中のお約束ってものもある訳で、今あるものを大事に仕事もしなきゃいけない。           かといって教えられたその通りに仕事するだけなんてつまんないし、医学がいつになっても未完の学問である以上はただ従ってちゃいけない筈。

じゃー結局どんな風に仕事をするのか?

どんな風に説明し、診断書を書くのか?

難題です。

ていうより、こうやって余計な事を考えるもんだから他人に絶交されないようにするのが、喫緊の課題です。

ここで喧嘩を売るなって

いや、喧嘩を売ってるのじゃなくて、ただの愚痴です。

うちに来られてる方で、他の科にも通ってらっしゃる方は多いです。

互いに何の薬を出してるかを見ます。

で! 当の患者さんを通じてコメントを聞くことがあるのですね。

ホントにそのドクターが言ったのか、もしかして取り違えじゃないかって可能性もあるのですけどね、妙に気になってそれでここに書く訳です。

個人特定できる訳じゃなし、いいですよね。

 

気分調整剤として抗てんかん薬を出すことがあります。

イライラしたり、怒りっぽいのを改善する目的です。

で、他科のドクターに言われた、らしいのです。

こんなに少量じゃ効いてる筈がないって。

はぁ?

まぁいろんな取り方があります。

精神科診断を他科ドクターがしてはいけない訳では全然ないので、あなた怒りっぽいよ薬効いてないよと言った可能性はあります。

しかし私が考えたのは別の意味でした。

身体科の薬には大抵、有効な投与量だとか有効血中濃度ってあります。

それに達してないと指摘されたのかなと思いました。

‥しかし精神症状に関して、そういうものは無いに等しいのです。

いくら投与したら有意差が出たって論文は山ほどあります。

が、統計的な有意差が、自覚的他覚的に効いたと感じるのと、別にリンクしてないのですね。

そういう論文は見たことありません。

ハミルトンで何点改善したら、臨床的に改善といえるのかって、そういう基準はないです。

ただ統計的に有意かどうかだけ!

だいたいああいう尺度も、症状を数値化するために質の異なるいろんな症状を無理やり一元的に点数にしてあるだけで、重みづけが正しいのかも分かったもんじゃありません。

あー書いているうちにコーフンしてきましたが、そういう訳で投与量と効くか効かないかって、断定できる訳ないでしょアンタ何言ってんのってことです。

‥いやまあまあ、断定したのかどうかも分からないのに怒っても仕方ありません。

でもまさかホントにそういう事言ったんじゃないでしょうねってついつい思ってしまうのです。

私も怒りっぽい? さぁ。